FC2ブログ

1996年製 Rickenbacker 4001V63 JGを蘇らせる

  • Day:2018.01.18 23:59
  • Cat:楽器






かなり手ごわいブツが届きました











強めの接着剤でドクロの切り抜き?が貼ってある











ボディ・金属パーツは全体的に艶消し状態(全て汚れ)











指板も例外ならず













汚ったねぇ…
Rickenbackerのネームプレートが泣いている



今回はこいつを蘇らせます






処理中


ピックガードやペグは取り外して作業をします





そして完成しました










作業内容としては



・ドクロの切り抜きをシール剥がしで除去
・ボディ・指板・金属パーツをコンパウンドで磨き
・パーツの微調整
・弦を張りロッド調整













コンパウンド磨きがとても大変だった
全て手作業だからね…
ラッカー塗装なので変質していたらアウトだったけど
磨いたら綺麗になったので塗装自体はまだ生きていた
やり甲斐はあったな















プレイアビリティは抜群
綺麗にした後新品弦を張りロッド調整し
弦高低めに調整したけど音も良い
やっぱり元は良い楽器だからな
一つ蘇らせる事が出来ました

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2018/02/27 21:05
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2018/02/27 21:32
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)