1950's LEVINTON TABLE LAMP








新たな照明が我が家にやって来た
(照明好きだなぁ…)











アメリカの老舗LEVITON社のテーブルランプ
ファイバーシェードにベースはブラス
ディテール的に1950'sの物の様子
因みにLEVITON社は今もまだ現役











シェードが作り出すフィルムのような影も面白い
照明は影も一つの楽しみだったりする











1950's Gazelle Design Floor Lampと合わせて寝室に設置
同年代の照明同士は相性が良い

Rickenbacker Bassの話

  • Day:2017.06.21 12:45
  • Cat:楽器


奥から4003 Turquoise・4001V63 Sea Green





Youtubeを上げた事だし使用したRickenbacker Bassという物自体の話を



今回、4003と4001V63という2本のモデルを使用した
弾いている映像を見ると、4001V63はバイディングが無いだけで
かなり小さく見えるのがわかる



そして恐らくどちらも馴染みの薄いカラーなのではないかと思う
実際、もう新品では手に入らないレアカラーの2本











特にSea Green
2001年に企画・オーダーされて
2002年に少量のみ使用されたカラーリング
その作られた個体は殆ど4003で、この4001V63は
数少ないSea Greenの個体の更に極少量のみらしい
洋書のRickenbacker Bass本では
「最もレアなカラーリング」と言わんとばかりに紹介されている



可愛いカラーリングだけど
確かに個性的過ぎて買うのを躊躇いそうなカラーリングでもある



似た現象は60年代のFenderにも起きていて
60年代のカスタムカラーのStratocasterの中では
「ソニックブルー(水色)」と「シェルピンク(ピンク色)」
が現在では数の少ないレアカラーと言われている
それは当時不人気で、殆どオーダーが無かったから



そりゃそうだよね。折角高額なギターを買うのに
そんな冒険する人ってあんまり居ないんだと思う
その中には人と違う物を!って個性の持ち主も居て
そういう人が購入して現在のお宝になっているんだろうな

バンもん!ベース弾いてみた第2弾


第1弾(間違って消したから再UP)

Rickenbacker 4003→LOVEPEDAL PURPLE PLEXI→VOX V9168R

第2弾

Rickenbacker 4001V63→LINE6 BASS POD





曲を聴いて
あ、これ弾きたいと思った2曲


今回耳コピして挑んだわけだけど
弾いていて思ったのは、バンもん!の曲は本当にグリッサンドが多い
勢いで必要の無いとこまでやっちゃってる気もするけど(笑)
2弦のグリッサンドと1弦のグリッサンド


あとは例えば半音ずつの階段フレーズでE(ミ)の音が入っていたとしたら
絶対に3弦の5フレットではなく4弦の開放で弾くとか
そういう細かいところがポイントだったかな
それは今回の2曲に共通してた


青春カラダダダッシュ!はラスサビで半音上げ転調が有り
それに含めて複雑なフレーズが入り混じってるので緊張した。(笑)


音色や奏法に関しては指でタイトに刻むより
ピック弾きで荒々しく(ラフ過ぎない程度で)
弾いてあげると映える曲が多いような気もする
軽く歪ませてあげると特に好い
キメマスター!なんて繋いだのはギター用の歪みにギター用のアンプだからね


楽しかった!

こなりさん宅ホームパーティー

  • Day:2017.06.18 23:59
  • Cat:










日曜日
こなりさんが今度引っ越すという事で
今のお家で最後のホームパーティーに呼んでいただいた
一人一品という事で俺はいぶりがっこを持参(手作りじゃなくてごめんなさい)
皆様の手料理美味しかったな
お邪魔様でした

梅雨時の晴れ間

  • Day:2017.06.17 23:59
  • Cat:




「パリピ風の写真」





土曜日
今年も友人主催のBBQ
場所はいつもの赤羽岩淵
先月も意識高い系BBQで来たけど
有料化して程良く落ち着いた雰囲気になった気がする













最高に良い天気
風も程良くそよいでいて心地良い
6月は梅雨時で雨の日は当然多いんだけど
たまの晴れ間が涼しくて最高に気持ちの良い気候になるんだよな
まだ夏本番の暑さじゃない位の
今回は上手くそこにぶち当たって















何処となく「夏のはじまり」を感じさせる一日だった











もう出会ってから大分経ったけど
たまにこうして集まって
まだこんな人数で遊べるってのは特別な事だと思うよ
おつかれさま

泡放

  • Day:2017.06.16 23:59
  • Cat:日常







金曜日
久々ROGIC



ここ料理もお酒も雰囲気もそこそこ良いんだけど
スパークリングワインが飲み放題メニューに入ってて
後半そればかり飲んじゃう(遂にはボトルで来た)から酔っ払ったな…

バンドじゃないもん!@HEAVEN'S ROCK

  • Day:2017.06.16 03:00
  • Cat:日常







埼玉の小さめの箱でやる!という事で行きたくなった
2度目のバンドじゃないもん!のliveへ
俺はぴあで一般発売で買ったけどソールドはしたらしい











HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
話には聞く箱だけど初めて来たな
キャパは350程か
普通にうちらがやるような大きさの箱だよね
そこに350人入る訳だから相当ギュウギュウ
やはりアイドルlive特有のキメとかが多くて圧倒したな
リフトとかもやってた。アツいなぁ



落ち着いて観れる感じじゃなかったけど
熱気を身体中に感じて正にlive
俺は一番後ろの方で観てたけどかなり見づらい
女の子は殆ど見えないじゃないかな
でもお客さんは本当に若い女の子が多い



普通のアイドルliveと違ってメンバーが曲によって
ドラム、ベース、ギター、シンセを演奏するので
結構バンド寄りの音
liveらしさってのはビシビシと感じた



アイドルのliveの楽しみ方に関しては他のお客さんと
ちょっと温度差を感じる事も有るんだけど
自分なりの楽しみ方で良いんじゃないかな
また行きたいな

初台NOAH








旅行から帰ってきて一時間程
息つく間も無くスタジオへ



ここのNOAHを利用したのは…15年ぶり位か?











7月の割と果敢リハ
大体枠組みは出来ているので試して詰めていくだけ
効率の良いバンドです

ふらり湯河原へ

  • Day:2017.06.13 17:49
  • Cat:









ビアガーデンに行こうよ、という話から
泊まりで何処か行こうという事になり
湯河原に一泊二日する事に



先ずは吹きガラス体験











吹きガラスは高校の頃、沖縄で体験した事が有る
その時は琉球ガラスのグラスを制作した













飲み物が美味しくなる涼しげな青が良い
でも前回作ったグラスが青だったから
今回は敢えて色を付けない事にした
その代わりに難しい装飾にチャレンジ


店主の方は「ぐるぐる」って言ってたけど










先ずは高温のガラスを吹いて膨らましグラスの原型を作る













その原型に、溶かしたガラスを左手右手を動かし巻き付ける
素早く動かさないとあっという間に固まってしまう
なかなかバランス良く巻けたんじゃないかなぁ













口を広げたり形を整えたりするとグラスが完成
大体イメージ通りになったかな












4人で作ったそれぞれのグラスはゆっくり冷やされて
後日まとめて友人宅に発送して貰う事に
出来上がりが楽しみだね











その後は渓流釣り
釣りなんて何年ぶりだろうか















1時間位かな
流れる川に竿をたらし続け













4人で小さなヤマメが2匹
一応さばいて貰いました…
(俺は一匹も釣れなかった)



釣り堀と違って場所選びとか勝手が大事なのかな
もっと一日かけてやらないと駄目なのかも
今度友人と海釣りしに行く事になったからリベンジしてこよう













この日の宿は敢えてのゲストハウス
何だか楽しそうだしね
キッチンが飲食店のような業務用キッチン











ヤマメはホイル焼きに













すぐ横が竹林のテラスでBBQ
気候も丁度良くて心地良い時間だった
ゲストハウスにずっと泊まっている外国人との交流や
この日泊まりに来た日本人のお客さんとも一緒にワイワイ飲んで
仲良くなって











それがゲストハウスの醍醐味なんだろう
お世話になりました

















熱海魚市場では、この日たまたま
2ヶ月に一度の魚祭りがやっていて
liveをやっていたり、ワイワイした和やかな雰囲気











解体したての鮪の、1パックしか売ってなかった大トロを
切り分けて貰いその場で食したんだけど
どちらも美味しすぎてほっぺたが落ちそうに
無料で配っていたあら汁もいただいたけど
濃厚でとても美味しかったな















海鮮丼、魚介尽くし
海沿いの町に来ると食べちゃうね
海無し県に住んでいるからな…











一泊二日の緩い男旅行でした

華の金曜日

  • Day:2017.06.10 01:00
  • Cat:日常







最近鳥どりばかり行ってる


飛び抜けて良いという訳ではないんだけど
飲み放題だし料理も美味しいし
そこそこ落ち着いた雰囲気なのが好い

実家の犬

  • Day:2017.06.09 10:00
  • Cat:日常


before


after




実家の犬(モコといいます)が虎刈りに…



我が家の歴代の犬は両親が適当に刈るので
こういう感じに仕上がります
しかし涼しくなって犬的には嬉しいのかも
(顔もどことなく満足げ)

フレキシブルアーム

  • Day:2017.06.08 21:00
  • Cat:日常







箱がボコボコで届いた
中国から届く荷物あるある
中身がしっかりしてれば気にしない











こういう事です



毎日40分半身浴するのでiPhoneを浴室に持ち込む
YouTubeを観る時も手で持っていたんだけど
このアタッチメント、かなりフレキシブルで便利だ

パニールティッカマサラ

  • Day:2017.06.08 09:33
  • Cat:







那須のアジアンオールドバザールで買ったカレー











インド産のレトルトカレーだけど
ブロック状の鶏ティッカが入っていて
ルーもドロッと濃厚で、それでいて
それ程脂っこくなく以外にさっぱりしている
スパイスも効きすぎてなくて良い具合の辛さだった
白いご飯に赤みを帯びたルーも食欲をそそる



つまりなかなか美味しかったって事です

一工夫

  • Day:2017.06.04 10:44
  • Cat:







軍艦に敢えて刻み海苔を使う
それだけで少し意識が高くなる
勉強になった











お造りの宝石箱や!
(メニュー名言っただけ)

50年前のお話

  • Day:2017.06.03 10:17
  • Cat:日常







父は
当時Beatles来日により巻き起こったBeatles旋風をモロに受け
バンドブームを経験したリアルタイム世代であり
自分はそんな父の背中を見て
Beatlesを聴き、家に在ったギターを手に取った



折角なので
スマホで音楽が聴けるという事も知らなかった父のスマホに
このアルバムを入れてあげた
ステレオイヤホンも持っていなかったので
ちょっとまともなイヤホンを買ってあげる事にした
(誕生日もあげてなかったしね)



父が50年前手に取ったアルバムを
息子が購入し再び手に取っている
何か不思議な感じだね

It was fifty years ago today...








"It was twenty years ago today"



そんな歌い出しから始まるアルバム
"Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band"
The Beatlesが1967年6月1日に発売したその日から丁度50年が経った
50年前、ロックの金字塔とも呼ばれるこのアルバムが発売された訳だ



今回、50周年を記念して
「スーパー・デラックス・エディション」という名のボックスセットが登場
定価¥18,000+税だという
パッケージには特別興味は無いが、ここにしか収録されてない音源もある
買うしかないよな…











届いてみてビックリ
デカい。重い。
大きさはほぼLPサイズ
それのマチを広くしてボックスセットになったような感じ
重量感、そしてギッシリ詰まったような充実感を外側からも感じ取れる











フリップケースを剥ぎ取ると中から
マスターテープのパッケージを模した本体が登場
か、かっこいい…













ボックスを開けると中から4枚のCD+BLU-RAYとDVDが1枚ずつ
合計6枚のディスクが紙ジャケに入れられて綺麗に収まっている
CDのジャケットは全て違う写真(アウトテイク)を使用
凝っている。(ただしもう少し写真の色合いを色合わせして欲しかった)











当時LPに付いていた、カットアウトを復元したものや
特別な冊子類等のおまけも充実
感じ取れた通り、物凄いボリューム感である
正直、実物を手に取るまでは
音源を手に入れたら売っても良いかなと思ってたけど(置き場所に困りそうだし)
所有欲も満たされるし、ボックスのジャケット写真も3Dのように立体になっていたり
しっかり一つのパッケージとして作り込んであるので持っておく事にした



このアルバム、50年前に発売されたクオリティとは思えないなと今聴いていても思うし
Beatlesに興味の無い人、洋楽に興味の無い人、ロックに興味の無い人
にも一度耳にして欲しいと思うアルバム
そして、聴いて感想を聞かせて欲しい
そこまで思う程に色褪せない、未だに飽きの来ないアルバムだと思う

燻製とラクレットチーズ

  • Day:2017.06.01 13:25
  • Cat:







赤羽のDining akabane fumoというお店へ

















燻製&ラクレットチーズが売りのお店
目の前で取り分けてくれる燻製とラクレット
この前のBBQで燻製付いてるので(笑)
ラクレットはチーズが濃紺、パンがサクサクで美味しかった






欧風牛すじ煮込みとガーリックトースト





お洒落な感じの美味しいお店だった