ビートルズ映像で見るカラリゼーション技術



元映像


カラリゼーション後




1964年のNME Poll Winners' Concert


Beatlesのlive映像の中でもノリの良いliveで有名
元はモノクロ映像なんだけど、カラリゼーションされて
かなり自然なカラー映像のように仕上がっている


カラリゼーションとは、元々モノクロのものに
コンピューターで着色をしてカラー映像のように仕上げる技術











Beatlesのカラリゼーション化映像の元祖といえば
この1967年Our Worldでの"All You Need Is Love"
1995年の大晦日に日本で放送された「ANTHOLOGY」の為に制作された映像
当時13歳のnal少年はテレビの前でこの映像を観て興奮した…
元々はモノクロ映像だからね
カラーのOur Worldなんて写真でしか観た事が無かった


20年前にこんな技術が出来上がっていて
これ程迄自然なカラー風映像を作れるなんてすごい事


この20年間でカラリゼーション技術が発達していき
先日放映された「EIGHT DAYS A WEEK」の中の映像でも活用されていた
モノクロをカラーに仕上げるの、20年前は本当に大変だったらしいんだけど
今は個人的な趣味で着色し、Youtubeに上げている人も見かけるから
すごい時代だ

とちおとめ

  • Day:2017.03.20 14:00
  • Cat:







おすそ分けをいただいた











普段、自分で果物を買うという習慣は無く
買う事はゼロに近い
でもいただいたり、人と一緒に食べに行ったりして
食べると美味しいんだよね
たまに食べる位で丁度良いな

ポスターフリーク










ヴィンテージや実際に展示会に使われていたような
ポスターそのものに価値を持っている一点物のポスターが好きで
よく国内国外問わず購入する


ただ、その度にポスター費用と同じ位の出費が出るのが
「ポスターフレーム」
貴重なポスターを裸で飾るにはいかないので…
ポスターが大きくなるにつれてその費用は増していく











貴重なポスターが新たに我が家に来る事になり
そのサイズでフレームを見積もるとどう安く作っても1万円超え
何か方法は無いものかとネットを探してみると
「巨大なアクリル板3000円 2カットサービス」というのを見つけたので
試しに購入してポスターサイズにカットして貰った











当然業者の販売なのでちゃんと仕上がっており
残材まで同梱(要らないけど)











いつもアクリル板で作成するポスターフレームは
3mm+5mmの合計8mm
今回のアクリル板の厚さは2mm+2mmの4mmだけど充分に重厚感が有る
別にこの厚さでもポスターを挟んで飾る分には特に問題は無い
(結構たわむけどね)









飾りたかったのはこちら
1930年代のヴィンテージポスター
150cm×42cmの巨大サイズ


このポスター、アメリカのコルチェスターの納屋で眠っていたものらしく
今回初めて日本の地を踏んだ訳だけども
折り畳んだ状態で保管されていたらしく、広げただけで
折り目から亀裂が…そりゃ紙も劣化するもんね
85年前のポスターなんで崩壊寸前
それをアクリル板で挟んであげれば崩壊も防げて飾れるって訳です


しかし良いポスターだね
フォントも配色も申し分ない
当時の雰囲気を感じる
よく見ると手描きなのかなぁこれ
フォントとかいう概念は無いかも











2枚のアクリルをどうくっつけようか…ビスか接着剤か
アクリル用の接着剤を考えていた訳だけども
別に貼り合わせなくても案外固定されてくれていて
取り敢えずこのまま飾っていきます











独特な存在感
楽器部屋の新たな顔になりました

体重が…

  • Day:2017.03.18 10:48
  • Cat:日常









タイから帰ってきた日の夜(3/1)の体重と今朝の体重です



今は54キロ台が自分の中で安定している体重なんだけど
3泊4日でタイに行って、日本に帰ってきて
食べ放題&飲み放題のお店で打ち上げしたら59.4kgに
普通に生活していたらまた元に戻るんだけど
3泊4日で5キロ増はすごい

金曜の夜

  • Day:2017.03.17 23:59
  • Cat:日常


久々に撮った夜のリビング





一人の華金飲み
全てのliveが一旦終わり今月後半は割と落ち着いている
4月からは夏に予定しているliveのリハが始まり
お花見ラッシュもあるから忙しそうで
今のうちに


自室で一人でまったり飲むのも好きで
最近は毎日2~3缶位飲んでいて、流石に飲み過ぎかなと
平日にお酒を飲むのは控えようと思ったんだけど
無理そうなので毎日1缶を大切に飲むスタイルに











これなかなか面白い
Slither.ioというオンラインのミミズゲーム
ゲームは殆どしないけどこういう単純なのはとっつきやすい